WMC Japan アマチュア大会
公式ルール

■■■■■■■■■■■■■■■
【 ▼第1章 試合形態・時間 】

一般A

2分×2R

[スネあて・ヒザあて・14ozグローブ]

一般B

2分×2R

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・14ozグローブ]

女子

1分30秒×2R

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・14ozグローブ]

Jr.トーナメント(小・中学生)

2分×2R(延長1R)

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・キッズ用グローブ]

Jr.A(小・中学生)

2分×2R

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・キッズ用グローブ]

Jr.B(小・中学生)

1分30秒×2R

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・キッズ用グローブ]

Jr.C(小・中学生)

1分00秒×2R

[ヘッドギア・スネあて・ヒザあて・キッズ用グローブ]

*全クラス、インターバル30秒(トーナメント以外は延長なし)

*コンタクトレンズが外れたことによる試合の一時中断は認めないものとする。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第2章 体重制 】

男子ワンマッチ

:-54kg -58kg -62kg -67kg -73kg -80kg +80kg

女子ワンマッチ

:-50kg -55kg +55kg

Jr.ワンマッチ(小・中学生)

:-25kg -30kg -35kg -40kg -45kg +50kg

Jr.トーナメント(小・中学生)

:-25kg -30kg -35kg -40kg -45kg -50kg

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第3章 防具 】

各個人が用意するもの :ファールカップ(男子)、アブスメントガード(女子)、マウスピース、バンテージ

主催者が用意するもの : グローブ、ヘッドギア、スネあて、ヒザあて※1、Jr.ヒジあて※2

※1 ヒザあてのサイズは一般用のフリーサイズ。

※2 Jr.のスネあて、ヒザあては布製に限り、各自で用意して下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第4章 服装 】

キックパンツはスパンコール、ポケット、ファスナー等の金属の使用が無いものに限る。

男子・Jr.男子は上半身裸、女子・Jr.女子はTシャツ・ラッシュガードを着用し裾をキックパンツに入れること。

指輪やネックレス・ピアス等の貴金属類の着用は不可。

足の爪は短く切っておくこと。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第5章 服装 】

事前に申告した階級の体重をオーバーした選手は失格とする。但し、計量後から第一試合の開始10分前までに申告体重まで落とし計量をクリアした場合、試合をすることができる。

※ 計量をクリアできない場合、相手選手・セコンドの了承を得ることが出来れば、グローブハンデ等での試合を認める。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第6章 セコンド 】

セコンドの人数は3人まで、インターバル中にリングイン出来るのは1人までとする。

試合中、リングに物を置いたり手を触れたりしてはならない。また、選手へレフェリーの許可なしに触れたり、立ち上がって指示をしたりしてはならない。

試合の進行を妨げる行為やレフェリー、相手選手に対する罵声・暴言・中傷をしてはならない。

選手の体調を把握し、試合中の動きやダメージを判断して、試合の続行が不可能と考えられる場合は、必要な措置をとらなければならない。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第7章 勝敗 】

全試合の勝敗は、旗判定で行う。

採点基準は、①ダウン、②ダメージ、③クリーンヒット及びディフェンス技術の順に判断し、手数の多さよりも相手にダメージを与えるような、インパクトの強い攻撃を優先的に評価する。

有効打による負傷、スタミナ切れもダメージと見なし、相手に対し横を向く、背を向けるなどの行為は、ダウンと判断する。

※反則行為の顔面膝蹴り等の攻撃でも、自ら頭を下げたり、自ら倒れこんだりして貰った攻撃は、有効打と見なす。

選手の体調を把握し、試合中の動きやダメージを判断して、試合の続行が不可能と考えられる場合は、必要な措置をとらなければならない。

ダウンカウントは必ず8カウントまで数えるため、9カウントまでにファイティングポーズをとること。選手がファイティングポーズをとれず10カウントを数え終わった時点でKO負けとなる。ラウンド内で2度ダウンした場合はTKO負け。

リング下に落ちた場合、20カウント以内に自力でリングに戻れない選手はTKO負け。

アクシデントによるダメージが酷く、試合の続行が不可能な場合は、それまでの判定で勝敗を決める。

全ラウンドを通しレフェリーのダウンカウントが優先される。レフェリーのカウント終了後にゴングがなる。

(ラウンドの残り時間が1秒でも、レフェリーのカウント中にファイティングポーズを取れない場合、KO負けとなる。)

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第8章 反則行為 】

禁止事項は、『肘撃ち、顔面膝蹴り、頭突き、噛みつき、目突き、金的、関節技、後頭部・背中への攻撃、首相撲時の投げ・サバ折・足を絡ませての倒し、ブレイク後・倒れた後・ダウン後の攻撃、クリンチや自ら倒れ込む行為、ロープを掴む行為、リング上から相手を落とす・自ら降りる行為、脚をキャッチした状態で2回以上の攻撃、脚をキャッチして3歩以上歩く。』

※回転技は、Aクラス及びランキング戦出場者のみ可能。それ以外のクラスは禁止。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第9章 減点・失格 】

上記の反則行為をした場合、口頭注意→カードによる警告→減点の順にレフェリーから宣告され、2点目の減点があった時点で失格となる。

(セコンドへの減点も合計する。)

※ 悪質な場合、1度の反則行為で即反則負けとなる。

※ 故意でないローブロー・バッテイング等も注意・減点の対象となる。

※ 消極的な試合やセコンドがスポーツマンシップに反するような応援(著しく選手を中傷するような応援やヤジ等)をした場合も注意・減点の対象となる。

※ セコンドの試合を妨げる行為や罵声・暴言・中傷が過剰な場合、レフェリーはセコンドに対し、減点または退場を命じることができる。

■■■■■■■■■■■■■■■

【 ▼第10章 勝敗 】

必ず最初と最後のラウンドは両選手ともグローブを合わせること。従わない場合、ラウンドをスタートさせない。

タイオイル等の使用は禁止とする。但し顔への少量のワセリンはよしとする。

有効打による負傷、スタミナ切れもダメージと見なし、相手に対し横を向く、背を向けるなどの行為は、ダウンと判断する。

※反則行為の顔面膝蹴り等の攻撃でも、自ら頭を下げたり、自ら倒れこんだりして貰った攻撃は、有効打と見なす。

積極的に攻撃をし、良い試合を心がけること。

■■■■■■■■■■■■■■■